マイホームを購入するベストなタイミングについて解説!

公開日:2022/12/15

マイホーム

結婚したとき、子どもが生まれたときなど、ライフステージが変化するときに「そろそろマイホームが欲しい」と考える方は多いでしょう。しかし、マイホームを購入するタイミングは今でいいのか、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、マイホームを購入するベストタイミングと、購入までの流れ、注意点を解説します。

マイホームはいつ頃購入するのがおすすめ?

マイホームを購入するタイミングは、一体いつ頃がいいのでしょうか?人によって年齢ごとのライフステージは異なるため、一概にはいえませんが、平均で30代後半~40代前半まででマイホームを購入する方が多いとされています。

そして、ライフイベントがあったタイミングでマイホーム購入を決める方が多いです。ここからは、ライフイベントごとのマイホーム購入タイミングを見ていきましょう。

結婚したとき

結婚したタイミングでマイホームを購入する方は多くいます。これからの人生を一緒に歩んでいくと決めた人と、ともに過ごす家を購入するのはとてもいいタイミングでしょう。また、結婚したときからマイホームを購入すると、早い段階で住宅ローンを組むため、返済が早く終わるというメリットがあります。

子どもが生まれたとき

子どもが生まれたときにマイホームを購入する方も多いです。子どもが生まれたときにマイホームを購入する場合は、周辺の保育園や幼稚園情報、また病院や公園など、子育てがしやすい地域を選んで購入が可能です。

子どもが進学するとき

子どもが進学するときなら、通学時間や学区などを考慮してマイホームを購入できます。通わせたい学校がある場合は、事前に周辺の土地情報などをリサーチしておくといいでしょう。

子どもが巣立ったとき

子どもが巣立ち、夫婦2人になったタイミングでマイホームを購入する方もいます。2人でこれからのセカンドライフを楽しむためのマイホームを購入するのは、とても楽しいことでしょう。ただし、子どもが巣立ったあとだと住宅ローンの支払い期間が短くなるため、注意が必要です。

マイホームを購入するまでの流れ

ここからは、マイホームを購入するまでの流れを見ていきましょう。

マイホームのイメージと優先順位をつける

まずは、どんな家に住みたいのか、具体的なイメージを考えましょう。家の広さや間取りはもちろん、周辺の環境、エリア、交通の便、価格なども考えて書き出しておくのがおすすめです。また、家族構成やライフスタイルを考えて、マイホームを購入する上での優先順位をつけておきましょう。

資金計画を立てる

イメージが湧いたら、資金計画を立てましょう。住宅購入資金は、土地と建物代にばかり目が行きがちですが、税金や手数料などの諸経費もかかります。そのため、自己資金+住宅ローン借入額から、諸経費を引いた額が、購入可能な金額です。また、住宅ローンの返済計画も、無理のない計画を立てましょう。

物件を選ぶ

マイホームのイメージと資金計画をもとに、希望にあった物件を選びます。

現地に見学に行く

いいと思う物件が見つかったら、さっそく現地に見学に行きましょう。物件は、広告やインターネットの写真だけでは伝わらないことがたくさんあります。そのため、必ず現地に行って、自分の目で確かめてください。また現地見学のときは、物件だけでなく、周辺の環境も忘れずにチェックしましょう。

契約を締結する

購入物件が決まったら、契約を交わします。大きな買い物なので、重要事項の説明を受け、しっかりと納得してから契約を締結してください。

住宅ローンの申請

物件の契約が無事に締結したら、住宅ローンの申請をします。申請した金融機関で審査がされ、無事に通過すればローン契約を結びます。

火災保険・地震保険への加入

万が一災害の被害にあったときの備えとして、火災保険や地震保険への加入をします。

内覧会

建物の竣工後、売主立ち会いのもとで内覧会が行われます。売主と一緒に建物の状態を確認し、契約した内容と間違いがないかしっかりチェックしましょう。

残金決済・引き渡し

内覧会でしっかりと確認ができたら、残金決済をします。そして物件の登記名を買主に移転登録後、引き渡しとなります。

マイホームを購入する際に注意するべきポイント

ここからは、マイホームを購入するときの注意点を見ていきましょう。

無理のない返済計画を立てる

マイホームを購入するときは、ほとんどの方が住宅ローンを組みます。住宅ローンはさまざまな商品がありますが、最長35年の返済期間を設けているものが多いです。しかし、この35年の間、さまざまなことが起こるでしょう。

急に収入が減ってしまったり、大きな出費が発生したりするかもしれません。そんなときでも住宅ローンをきちんと返済できるよう、無理のない返済計画を立てましょう。

間取りと広さを充分に考える

マイホームの間取りと広さに関しては、いざ住み始めてから後悔する方が少なくありません。今は充分な広さだと思っても、子どもが増えて手狭に感じてしまったり、テレワークになって書斎が必要になったりと、当初考えていた間取りでは足りなくなることも充分にありえます。マイホームを購入するときは、この先の人生で起こり得る状況も考えながら、間取りと広さを決めましょう。

周辺環境と立地を考える

マイホームを購入するときは、物件そのものの条件ももちろん大切ですが、周辺環境も非常に大切です。交通の便が悪い場所だと、通勤や通学が大変ですし、買い物する場所が遠いと、普段の生活も不便になるでしょう。そのため、マイホームを購入するときは、必ず周辺環境も確認し、本当に暮らしやすい場所かどうか慎重に検討してください。

まとめ

マイホームを購入するタイミングと、購入までの流れ、注意点をご紹介しました。マイホームに憧れている方は多いですが、大きい買い物であるため、購入するタイミングに迷う方は多いでしょう。また、購入前にさまざまな条件を考えなければ、購入後に後悔することになります。これからマイホームを購入したいという方は、ここでご紹介したタイミングや注意点を参考に、あなたのベストタイミングでマイホーム購入に踏み切ってください。

大分県の住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 大分東店スーモカウンター トキハわさだタウン店タウンライフ家づくり家づくりのとびら住まい選びのコンシェルジュ
特徴家づくりに関する悩みや不安をすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口豊富な知識と経験をもつアドバイザーが理想の住まい探しを手伝ってくれる家族の個性を活かした世界に一つだけのマイホーム実現をサポートしてくれるオンライン相談で家族が仲よく暮らせる住まいづくりをサポートしてくれる住まい選びに関するサービスをすべて無料で利用できる住まいの相談窓口
公式サイト

おすすめ関連記事

サイト内検索