住宅ローンの相談はいつ頃行うべき?具体的なタイミングについて解説!

公開日:2022/11/01

住宅購入の際に多くの方が利用することになる住宅ローン。初めての住宅購入では、知らないことだらけで、どうすればいいのかわからないと言った方も多いのではないでしょうか。ここでは、住宅ローンの相談はいつ頃行うべきなのか、相談窓口の選び方のポイント相談の大まかな流れについて解説します。

住宅ローンの相談はいつ頃行うべき?

住宅ローンの相談はいつ頃行うべきかという問いに答えがあるとすれば「思い立った時」が適期といえるでしょう。

戸建てやマンションなどの不動産取引を多く行っており、住宅ローンをいくつも持っているような方にとってはそもそも相談の必要性そのものがないですが、初めて住宅を購入する方にとっては、第三者への相談は非常に重要な意味を持ちます。

住宅ローンは、その名の通り住宅を購入する際に活用するローンです。契約年数で分割したローン分と所定の手数料、金利分を合わせて払うことで住宅が購入でき、契約者が死亡、または重篤な病になったり、就業が困難になったりしたときに残りのローン分を免除する商品がほとんどです。

商品内容は金利や保障内容が会社ごとに異なるのでしっかりとした比較検討を行うことが求められます。

しかし、初めて住宅購入をする方にとっては「そもそも住宅ローンの仕組みがわからない」「自分がいくらくらいの住宅を購入でき、かつ無理なく返済できるのかがわからない」「控除の仕組みがわからない」「会社ごとの保障内容を比較しても何がいいのかわからない」といった方が多いのも現実です。

そんな方の心強い味方になってくれるのが住宅ローンの相談窓口です。各窓口の詳細は後述しますが、実際に住宅を購入しなくとも、住宅ローンの知識と自分の購入できる住宅の大まかな金額を知るということはさまざまな側面で有用なものです。

それゆえ、相談時期は遅すぎることはあっても早すぎるということはありません。この情報が今後のあなたの人生におけるお金のあり方を大きく左右することも充分に考えられるため、思い立ったらすぐ行動に移すのがよいといえるのです。

住宅ローン相談窓口の選び方のポイント

住宅ローン相談窓口はいくつか存在します。それは、住宅メーカー、不動産会社、金融機関、住宅購入を支援している団体や企業、ファイナンシャルプランナーです。

住宅メーカーと不動産会社は、一番相談しやすいものでしょう。自分が購入する住宅の担当者ならばすぐに相談でき、申請に必要な資料も揃っているからです。中には、金融機関以上の知識とノウハウを持ち合わせる方もいますが、基本的には彼らは住宅のプロであって、金融関係は二の次の商売です。

彼らに紹介された金融機関に相談する方がいいかも知れません。金融機関は地場の住宅メーカーと強いつながりがあります。彼らは金融のプロなので、市場や社会の状況を加味して詳細なシミュレーションを行ってくれます。

ただ、実際に購入する不動産が決まっていなかったり、就業形態が複雑だったりすると「もっと状況が煮詰まらないと詳細なものが出せない」といわれるかも知れません。また、彼らも商売ですから自分たちにとって不都合な事実は伏せて自分たちに有利な情報しか出さない可能性も考えられます。

住宅購入を支援している団体や企業は、住宅金融支援機構などがあります。住宅金融支援機構は独立行政法人でフラット35などの商品を供給しています。利益に左右されないので、中立的な視点から商品を勧めてくれます。反面、自分たちの商品には詳しいですが、他社の商品や詳細な金融動向のアドバイスを求めるには不向きといえます。

ファイナンシャルプランナーは、お金に関することの相談を有料で受ける資格職です。お金のプロとして、住宅購入、保険、不動産投資、相続、会社合併、家計相談に至るまで幅広く対応します。

デメリットは有料であることではありますが、ほかの窓口の情報とは比べ物にならないほど高度な知識と経験を持ち合わせているため、自分にあった最適なサービス、プランを提案してくれます。住宅だけでなく、保険や事業についても相談できるので、そちらとのバランスを考慮してプランを作成してくれるメリットもあります。

住宅ローン相談の大まかな流れ

まずは相談する窓口を決めましょう。各窓口にはメリット、デメリットがあるので自分に合ったものを選択するようにしましょう。窓口を決めたら資料を集めましょう。源泉徴収票、納税証明書、不動産の情報がわかる資料、さらに銀行の預貯金残高が確認できるもの、家計簿があるとなおよいです。

資料を集めたら、窓口に連絡をして予約を取りましょう。直接足を運んでもいいですが、予約のみ受け付けていたり、ほかの業務で相談まで待つことになったりするかも知れないので、予約するのが無難です。

まとめ

住宅ローンの相談はいつ頃行うべきなのか、相談窓口の選び方のポイント相談の大まかな流れについて解説しました。

住宅ローンの各相談窓口のメリット、デメリット、どのように相談したらいいのかがわかりましたね。初めての方にとってこのような窓口は心強いものです。有効に活用しましょう。上記を参考に自分にもっとも合った相談先を見つけてみてください。

大分県の住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 大分東店スーモカウンター トキハわさだタウン店タウンライフ家づくり家づくりのとびら住まい選びのコンシェルジュ
特徴家づくりに関する悩みや不安をすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口豊富な知識と経験をもつアドバイザーが理想の住まい探しを手伝ってくれる家族の個性を活かした世界に一つだけのマイホーム実現をサポートしてくれるオンライン相談で家族が仲よく暮らせる住まいづくりをサポートしてくれる住まい選びに関するサービスをすべて無料で利用できる住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【その他】大分県の住まいの相談窓口一覧