住宅ローンの審査に落ちてしまう理由とは?審査に通過するためのポイントも解説!

公開日:2022/11/01

住宅ローンの通過はローンを借りるための絶対条件です。中には通過できない方もいるのですが、それはなぜなのでしょうか。ここでは住宅ローンの審査で見られるポイント、住宅ローンの審査に落ちてしまう理由、住宅ローンの審査に通るためにどうすればよいかについて解説します。

住宅ローンの審査で見られるポイント

住宅ローンの審査では実に多くの項目が確認対象になります。それは「年収」「事業収益」「不動産投資の収益」「預貯金」「所有不動産」などになります。簡単にいえば払える根拠となるお金ならすべてが審査対象です。

一般的な会社員でほかに収入がなければ源泉徴収票や納税証明書を出すだけで済みます。ほかは出して預貯金の残高証明くらいです。事業主など、自分で商売を行っている方は複数年の事業収益を示すものや納税証明書が必要になります。

これらの収入が安定的に得られていない場合、次に確認するのが「不動産投資の収益」「預貯金」などになります。一時的に収入が落ち込んでいたとしても充分な資力があり、近く安定した収入を確保できる見通しがあるのであれば、これらは審査に通る根拠になります。

「所有不動産」は、最後の手段として収入の担保としてチェックされます。金融機関も住宅ローンの支払いが滞ったからといって、いきなり不動産の売却をするようにいうことはないと思いますが、収益性のある不動産を所有していることは金融機関としては一種の安心材料として捉えられています。

このように、金融機関ではあらゆる側面から総合的にローンの通過可否を判断しているのです。

住宅ローンの審査に落ちてしまう理由

会社員であろうと事業主であろうと金融機関が重視するのは「継続的、安定的に収入があり、途絶える可能性がないか」になります。そのような面でいえば、その人の属する業界も重要な意味を持ちます。

とくに近年の新型コロナウイルスの影響で多くの企業が倒産ないしは事業の縮小を余儀なくされました。飲食、エンタメ、宿泊、観光などの業界がそうです。これらの業界は最近持ち直してきたとはいえ、不安要素があるのが現状です。

それゆえ、住宅ローンに限らず、金融商品を売り込みたい金融機関にとっては公務員、不動産業、大手IT、製薬、医療関連などの方はり、住宅ローンの通過がしやすいのが現状です。反面、社会、経済の状況に左右されやすい上記のような業界は金融機関も慎重にならざるを得ません。

また、継続的な収入が得られていない場合、ローンに落ちてしまう可能性があります。たとえば、半年間30万円くらいを継続的に給料として受け取っている方と、10万円、60万円、10万円、70万円、10万円、50万円などと月々安定しない収入を得ている方では金融機関は安定している方に融資をしたいと考えがちでしょう。

そうはいっても、自分で事業を行っている方、営業職で歩合に給料のほとんどを依存している方もいます。そのような方は複数年の給料明細を見せてトータルでは問題ないことを示したり、預貯金などの根拠で補完したりすれば金融機関も安心して融資をしてくれるでしょう。

住宅ローンのほかに多額の借入を行なっている場合も要注意です。多額のローンがあると、当然その分は収入として認められません。借りられる金額が低くなるか「これ以上借入を増やしたら返済してくれなくなるのではないか」と疑われ、ローン通過ができないということになるのです。

また、少額でも複数の借入を行っている方も注意が必要です。生活に余裕があったとしても「欲しいものがあれば無理してでも手に入れ、返済が滞るのではないか」と疑われる原因になります。

ほかのローンで支払いの延滞があった場合も注意が必要です。金融機関では、クレジットカードやローンの使用履歴が共有されています。支払いの延滞を繰り返していると、その情報からローンの契約自体を断られることがあります。

住宅ローンの審査に通るためには?

まずは、金融機関の審査を1社ではなく複数社行うようにしましょう。各金融機関では基本的に先述のような方法で審査を行ってはいますが、その方法や内容は金融機関ごとに異なります。ある会社では通過しなかったが2社目では難なく通過したといったこともあります。

次に、給料以外の収入を確保できるかを確認すべきです。給料がほとんどなくても不動産収入や預貯金、株などの収入が安定的にあるのであれば、審査に通るかもしれません。ただし、審査が通っても、住宅ローンの支払いで生活が苦しくなるのでは意味がありません。同時にしっかりとした返済計画を立てるようにしましょう。

まとめ

住宅ローンの審査で見られるポイント、住宅ローンの審査に落ちてしまう理由、住宅ローンの審査に通るためにどうすればよいかについて解説しました。

住宅ローンの審査基準は必ずしも一律で行われているものではないことがわかりましたね。複数の金融機関の審査を行うことで可能性を広げられるのでトライしてみましょう。上記を参考に住宅ローンの審査の対策をしてみてください

大分県の住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 大分東店スーモカウンター トキハわさだタウン店タウンライフ家づくり家づくりのとびら住まい選びのコンシェルジュ
特徴家づくりに関する悩みや不安をすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口豊富な知識と経験をもつアドバイザーが理想の住まい探しを手伝ってくれる家族の個性を活かした世界に一つだけのマイホーム実現をサポートしてくれるオンライン相談で家族が仲よく暮らせる住まいづくりをサポートしてくれる住まい選びに関するサービスをすべて無料で利用できる住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【その他】大分県の住まいの相談窓口一覧